■その他

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ひらかれた議会改革検討小委員会

【出席者】 久坂せいじ

【内容】

議会HP、ポスターなど広報について。

スポンサーサイト

■超党派勉強会

【出席者】 日浦和明、小林大介、土居昌司、楠梨恵子、芳賀ようじ、軽部和夫、久坂せいじ、

【内容】 2015年介護保険改正と市町村の役割

淑徳大学コミュニティ政策学部 鏡 諭 教授

■神奈川県保険医協会

【出席者】 藤田倫成理事、髙橋太事務局長、鈴木裕子事務局、

【出席議員】芳賀ようじ、日浦和明、軽部和夫、かとう正法、久坂せいじ、小林大介

【内容】

ドラッグラグ短縮について。

特区で開発されたものについて。

医薬品、医療機器について。

ライフイノベーションセンターと国家戦略特区について。

国保の都道府県移行、について。
(県が医療費の全部を握った場合各県ごとに1点=10円を変えることができる)







■神奈川県立『生命の星・地球博物館』視察

【出席者】 塩坂源一郎、小林大介、軽部和夫、日浦和明、久坂せいじ、

【内容】

神奈川県立『生命の星・地球博物館』


現在の展示状況やバックヤードの様子を視察させて頂きました。

現在は、をどうする?どうなる!外来生物『とりもどそう 私たちの原風景』
が特別展が開催されていました。

外来生物と言えばオオクチバス、アメリカザリガニといった代表的な生き
物がいますが、在来の生き物は、外来生物に悩まされています。

私が子どもの頃に普通に生息していたゲンゴロウやタガメは、ほぼ絶命し
ています。

外来生物だけが原因では無いと思いますが、生態系のこれ以上の変化は
防がなければなりません。
皆様も、ぜひ神奈川県立生命の星・地球博物館にお越し下さい。

S__2433054.jpg


S__2433056.jpg


■県政調査の感想及び意見

みんなの党県議団県政調査の感想及び意見(塩坂源一郎オフィシャルブログからの抜粋)

平成26年7月30日~8月1日まで、みんなの党神奈川県議会会派で、県政調査に石川県、福井県に伺いました。
先ず、石川県庁にて、北陸新幹線金沢開業に向けた取み組み、自転車交通環境整備の取り組みについて調査をさせて
頂きました。
平成26年、今年度末に、北陸新幹線の金沢まで開業される事で、石川県では地域活性化が期待されており、県民の皆様が一体となり、それぞれが、様々な活動をされ、開業を待ち望まれていた事が、説明を聞いて本当に良く判りました。
開業に向けた更なる県民意識の醸成へ、県政出前講座、開業実感ツアーの実施、カウントダウン時計による県民メッセージの発信、51の企業、団体等からなる『いしかわ新幹線部』が結成されるなど様々な取組みが行われていました。
新幹線開業PRの為に、全国初の推進ファンドが創設され、運用益10億円を財源としたPRが集中的に出来る仕組みが出来上がっていました。これは画期的だと思いました。
ズワイ蟹を代表する金沢の美味しい食べ物、加賀百万石を誇った藩政時代の歴史、温泉、九谷焼等、たくさんの魅力が詰まった北陸に私も、又、来てみたいと思いました。近隣の富山県、福井県との連携も相乗効果を期待しております。

県政調査、2日目は、金沢の学生との連携による街づくりの取り組みについて午前中から調査をさせて頂きました。
全国に先駆けて『金沢市における学生のまちの推進に関する条例』を制定・施行し、学生と連携した街づくりを積極的に進めており、私の地元の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの皆さんと社会実験もされるとの事です。郊外に移設した大学の学生の皆さんと地域が連携して、いかに地域活性化につながるか、私も大変興味があります。今後も注視していきたいと思います。

金沢市から福井県に移動し、本日最後の調査地、福井県庁に伺い、行政ビジネスの推進について伺いました。
地域ブランドの創造に向けた取り組みの中でも、恐竜ブランドの取り組みは、福井県立恐竜博物館の年間観覧者が
4年連続で50万人を超え、平成25年度は70万人を超したそうで、今年も前年度並みに推移しているとの事でした。
私も、福井県での恐竜の化石の発見のニュースに胸を踊らせた1人として、いつか実際に発掘現場も訪れたいと思います。今回は日程の都合で、叶いませんが、必ず行きたいと思います。行政ビジネスの推進といっても大変難しいと思いますが、今回の調査で、本県の『生命の星 地球博物館』のブランディングについてもヒントを頂けたと思います。
恐竜ブランドが、今後も、より多く全国に発信され、世界の福井県立恐竜博物館として、子ども達に夢と希望を与えて
欲しいと思います。

調査最終日は、鯖江市を訪れ、オープンデータの取り組みを伺って来ました。
私は、今までオープンデータについては本格的に勉強した事が無かったので、この調査で理解が深まり、大変良い機会を頂けました。
トイレ情報の公開等を例に、ご説明を頂きましたが、防災の観点からの情報・災害時の情報、観光情報等については、より一層推進すべきだと思いました。又、この調査で、久坂議員も質問しましたが『選挙ポスターの設置場所』についても、立候補のハードルを下げる意味でも情報を公開していくべきだと思います。
行政情報は宝の山です。行政の持つ情報は県民、市民、そしてそこに訪れる観光客の皆様にとって宝でなければなりません。今後、民間活力を上手く引き出す為にも、情報公開をしていく為の努力を会派でも研究していきたいと思います。

今回の『みんなの党神奈川県議会議員団』の県政調査を快く受け入れて頂きました石川県庁、福井県庁、金沢市役所、
鯖江市役所、その他関係団体の皆様に心から感謝を申し上げます。
今回の調査の成果を、神奈川県政に反映出来るように尚一層努力して参ります。

以上で、団長としての今回の県政調査に際しての感想、意見とさせて頂きます。

神奈川県議会議員団  団長  塩坂 源一郎

プロフィール

県友会神奈川県議会議員団

Author:県友会神奈川県議会議員団
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

ご意見やご提案をお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。