■防災警察PT

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■防災警察常任委員会が開催されました。

本日、今定例会最後の防災警察常任委員会が開催されました。

意見発表をさせて頂きましたので内容をご報告致します。

塩坂源一郎です。それでは、当常任委員会に付託されております諸議案及び
関連する事項につきまして、県友会神奈川県議会議員団として諸議案に賛成の
立場で意見発表をさせて頂きます。

先ず、安全防災局関係について申し上げます。先ず、木造住宅の耐震化についてです。
木造住宅の耐震化は、地震による家屋の倒壊から県民のいのちを守る、非常に重要な施策であります。
今回の私の質問で明らかになった通り、計上した予算が使われず、耐震化の取組が進まないのであれ
ば、補助金額の引上げや市町村の補助した額について、現行は2分の1ですが、今後は3分の2もしくは
同額にするなども検討すべきと考えます。
耐震化を進めるためには、県民の皆様にも、その重要性を理解してもらわなければなりません。
広報の在り方も考えて頂き、更に市町村と連携し、耐震化に向けたより一層の努力して頂くよう強く意見します。

次に、安全・安心まちづくりについてです。県民の安全・安心な暮らしを実現するには、警察による犯人の検挙
及び県による普及啓発の取組みと、地域の自主防犯活動団体が行う地道な防犯活動が密接に連携する必要
があります。
そのためには、各地域が、その実情にあった防犯活動を行うことが大切であり、そのための複数のモデルを
構築しようとする県の取組みは評価したいと思います。
今後とも、地域で防犯活動に取り組む人材の育成と、防犯活動に対する支援を充実することで、県民が安全で
安心して暮らすことができる神奈川県の実現を進めて頂くよう要望します。

続いて警察関係について申し上げます。先ず少年の非行防止・再犯防止策についてです。
全国の警察で推進している「非行少年を生まない社会づくり」は、長期的な課題として息の長い取組を継続する
ことが大切であります。
非行防止対策を効果的に進めるには、関係機関との連携、そして様々な犯罪の傾向をしっかり把握する事、
そして2度と非行に走らないように地域や学校、そして家庭との連携等を推進し見守る事も重要だと考えます。
全国を震撼させた川崎の中学生殺害事件では、様々な場面で、このような悲劇を食い止める事が出来たのでは
との思いが私も含め、多くの方にあり、本当に残念で仕方がありません。
この事件の様々な角度からの検証が必要だと感じておりますし、同世代の若者の心のケアも必要だと感じております。
関係機関が連携し影響を最小限にするようにお願いをしたいと思います。
更には、インターネット上におけるトラブルや、危険ドラッグ等が社会問題化している情勢の中では、少年が犯罪という
落とし穴に落ちる危険が益々高まっているように感じておりますので、今後も少年の非行防止対策に力を入れて取り
組んでいただくようお願いします。

最後に暴走族、旧車會への対応についてです。今回の質疑で、県警察の暴走族や旧車會に対する取組み状況を
伺いましたが、暴走族に関しては、継続的な取締りなど各種の施策を実施しており、グループ数や構成員が減少し
ていることは分かりました。しかしながら、旧車會に関しては、未だ勢力が減衰することなく推移しており、集団走行
による騒音被害に対しては、県民が強く取締りを望んでいるところであります。
今後、県警察においては、今回、私が提言しました他県の取組みも参考にして頂きたいと思います。
そして自治体や関係機関団体等と緊密な連携を図りながら、更なる暴走族根絶対策の推進と併せ、旧車會に対す
る一層の取組みの強化をお願いし意見発表と致します。

以上、意見要望をさせて頂きました。
引き続き、県民の皆様の安全、安心を全力で推進して参ります。

神奈川県議会議員 塩坂 源一郎


スポンサーサイト

■防災警察常任委員会が開催されました。

3月3日防災警察常任委員会が開催され、私、塩坂源一郎が以下の項目について質問をしました。

〇木造住宅の耐震化について
〇安全・安心まちづくりについて

阪神・淡路大震災から20年、東日本大震災から、もうすぐ4年という中で、市町村の耐震化促進事業が
補助件数、補助金額とも落ちてきている状況が明らかになりました。
耐震診断はしても、耐震工事にまでは結びつかない状況です。
県として、更なる補助額の充実を訴えました。引き続き木造住宅の耐震化を推進して参ります。

私の地元、藤沢市では、85の自主防災活動団体が活動されており、合計6,000人以上の方々が
子どもの安全確保をはじめとする防犯活動に参加されております。

地域の自主防犯活動団体の地道な活動と県警や県との連携強化、そして人材の育成と支援の
充実で県民の皆様が安全で安心して暮らせる神奈川の構築を進めて参ります。

神奈川県議会議員  塩坂 源一郎

■防災警察常任委員会が開催されました。

3月2日防災警察常任委員会が開催され、私、塩坂源一郎が以下の項目について質問をしました。

〇少年の非行防止・再犯防止策について
〇暴走族・旧車會への対応について

私は、2月20日の代表質問において『犯罪や非行の無い地域づくりについて』知事に伺ったところです。
再犯率を低くし、治安を少しでも良くする施策は大変重要であります。
川崎市で起きた悲しくやりきれない事件についても少しふれました。

暴走族・旧車會対策は、多くの時間を掛けて取り組んで来た問題でありましたので、今回、福岡での
成功事案を紹介しながら、神奈川県での暴走、騒音を許さない取組強化を後押しさせて頂きました。

引き続き、治安対策、暴走族・旧車會対策を推進して参ります。

神奈川県議会議員 塩坂 源一郎

■防災

私は、防災警察常任委員会で、安全防災局関係の質問をさせて頂きました。

1つは『安全・安心まちづくりについて』、そして『石油コンビナート対策
について』伺いました。

この二つの質問は、今定例会で日浦議員が代表質問で行った『安全・安心
まちづくり』に関連したものと、私が今年の2月に代表質問で行いました
『石油コンビナート対策について』を深堀する為にしたものです。

どちらも県民の皆様を守る為の大切な課題であります。

平成25年の県民ニーズ調査では、5年連続で『治安対策』が県行政への
要望第1位でありました。

自主防犯活動団体の活動の後押しはもちろん、更なる支援、そして県警を
はじめ多くの機関、団体の皆様と連携で、安全・安心を実現して参ります。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
次の世代の子ども達の笑顔の為に!!
『現場主義。』
神奈川県議会議員
塩坂 源一郎
Genichiro Shiosaka
『ありがとう!』 『Thank You!』 『mahalo!』
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■防災警察常任委員会での要望

10月8日に開催されました防災警察常任委員会の報告を致します。

今定例会での防災警察常任委員会での私の要望について発信します。

今回、委員会では、神奈川県犯罪被害者等支援条例の見直し結果について
報告がありました。

報告によれば犯罪被害者の方々の相談、又、支援数は増加している状況です。

言うまでも無く、犯罪の被害にあうと、それまでは予期しなかった様々な問題に
直面する事になります。又、その状況は被害に遭われた方によって様々であります。

そうした被害者の方々が必要とする支援を総合的に提供する為、これまでの犯罪
被害者サポートステーションによる取組に加えて、今年4月から性犯罪・性暴力
被害専用のホットラインが開催され、支援の取組が充実して来ているように思います。

今回の質疑により、それぞれの課題についても明らかになりました。
今後とも課題が解決しながら、条例の目的である被害の早期回復、軽減と被害者等
を支える地域社会の形成に向けて、支援施策のさらなる充実を図って頂くよう要望
致します。

以上であります。
引き続き犯罪の起きない神奈川に尽力して参ります。

プロフィール

県友会神奈川県議会議員団

Author:県友会神奈川県議会議員団
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

ご意見やご提案をお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。