■2014-12-

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■環境農政常任委員会  かとう正法

■環境農政常任委員会  かとう正法

26年12月18日~22日

主に下記の分野で質疑後、意見発表

県友会 神奈川県議会議員団として、本委員会に関する事項について、
幾つか意見や要望を申し述べます。


■指定管理者として適切な者を選定するために、必要な選定基準をしっかり見定めることは大変重要です。

宮ケ瀬湖周辺施設含め、3つの施設について検証するにあたり、

選定基準の評価の視点として、

「公の施設としての社会的責任の視点からの積算の妥当性」や、
「積算の適切性」や、「積算単価等の妥当性」、
また、「コンプライアンス、個人情報保護、社会貢献」の項目からの評価の視点としては、
「指定管理業務を実施するために必要な、団体の企業倫理・諸規定の整備、法令遵守の徹底に向けた
取組の状況」や、「社会貢献活動等CSRの考え方と実績」

等々が、私は特に重要だと考えます。

複数の応募者であっても、一者非公募であっても、こうした観点から指定管理者として適切かどうかを判断することは大切なことです。

選定にあたり、特にこれらの評価視点で、十分に申請内容を審査し、適切に判断されるよう、要望します。


■次は、神奈川県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画の変更素案について、です。

環境に影響を及ぼさないよう、PCB廃棄物を適正に保管し、処理するためには、事業者に対する適切な対応が、最大の必須事項だと考えます。

計画に基づく適切な対応や、的確な調査を行うよう、特に意識して努めていただき、調査状況などをしっかり県民に示し、県民の不安を払しょくしていただくよう、要望します。


■次は、環境基本計画等の進捗状況点検について、です。

環境基本計画及び循環型社会づくり計画の進捗状況の点検について、プロジェクトの目標の達成状況を
しっかり見定め、今後もさらに達成度が上がるよう、取り組みの強化をお願いします。

また、
 IPCCの第5次統合報告書が先ごろ取りまとめられましたが、地球温暖化の進行は、極めて深刻で、
重要な課題であると認識しており、温暖化を防止するための取組みは、いよいよ急を要すると考えています。

 そうした中で、事業者が自らのこととして、自主的に取り組んでいく仕組みや、将来を担う世代への教育の充実は非常に重要であり、今後も効果的な取組みを進めていただくよう、要望します。



以上、県友会 神奈川県議会議員団」として、質疑中に意見・要望した点や、ただ今申し述べた点に
ついて、当局で適切な対応をとられることを強く要望し、本委員会に付託された諸議案について
賛成いたします。

以上です。

スポンサーサイト

プロフィール

県友会神奈川県議会議員団

Author:県友会神奈川県議会議員団
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

ご意見やご提案をお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。